Protective Charm [厄除けジュエリー]


そもそも厄年とは人は生きていく中で、知らず知らず
のうちにいろいろな厄(災い)やけがれなどの
マイナス要因が積み重なり、生命力を脅かされると
考えられてきました。
それを厄年などに厄除けや厄払いをして祓い清め、
厄年を無事に過ごすことができる様に祈願して
きました。

厄年には、前厄・本厄・後厄があります。この3年の期間については、一般的には人生の
転換期であり、体調の変換期でもあることが多いのです。(右図:女性厄年の早見表)

そういうことで昔から厄年には縁起物をプレゼントする風習があり、「長い物」がいいとされていています。
実はこの 長いもの には やはり重要な意味があるとされていて、長いもの=長生き してほしいと言う意味があり
昔は着物の帯を贈るのが一般的でした。

ですが今ではより実用的な物のほうが身に着けてもらいやすいということで、ペンダントやパールのネックレスがを
おくるのが一般的になりました。





TOPへ