Pearl

真珠

特別な記念日や人生の節目に

 真珠は宝石の中でも希少な日本でとれる宝石の一つです。
それは日本の四季ある気候と海の環境、さらに養殖技術のレベルの高さによって成せる日本の文化と言えます。
よって、古来より人々の想いが永い間続いてきたため、大切な人を守りたい・大切な人の幸せを願うといった言い伝えがあります。   
そんな真珠は現在でも様々な場面で選ばれています。
成人式、厄除け、結婚式、入学式、卒業式、セレモニー・・・
ジュエリーカジタでは、日本が大切にしてきた想いをしっかりとお伝えしながらお客様の真珠選びを手伝わさせて頂きます。

アコヤ真珠

 「和珠」と呼ばれ古くから親しまれてきた、アコヤ真珠。
サイズは直径10mm程度までで、一般的には6~8mmが主流です。色はホワイト・クリーム・ピンク・イエロー・グレー・グリーンなどがあります。
白色は冠婚葬祭すべての場面でお使い頂け、グレー色は告別式や法事、仏事にお使い頂けます。

南洋黒蝶真珠

 主にタヒチ近海で養殖される黒蝶貝から採れる真珠です。奥深い色艶が独特の魅力を醸し出します。中でもピーコックグリーンと呼ばれる、光沢のよいブラックグリーン色のものは、その輝きと希少性から最高級とされています。

南洋白蝶真珠

 主にオーストラリアやフィリピン近海で養殖される白蝶貝から採れる真珠です。母貝にあたる真珠貝の色が反映され、シルバーホワイトやゴールデンなど様々な色が採れるのが特徴です。中でもオーロラ・フェニックスと呼ばれる、テリのよいシルバー系統のものは、最高級とされています。

淡水真珠

 主に湖で養殖されるイケチョウ貝から採れる真珠です。大きさは通常2~8mmで、形、色、光沢の度合いなどバラエティ豊かなデザインが特徴です。流通される量が多いため、手頃な値段でつけれるファッションパールとして人気です。

知っておきたい真珠の豆知識

ここでは、アコヤ真珠のグレードや価値を見極めるポイントをご紹介致します。

①「テリ」: 真珠の持つ輝きを指し、輝きが強いほど良質です。
②「巻き」: 核の表面を覆っている真珠層の厚さを指し、巻きが厚いほど良質です。
③「えくぼ」: キズとも呼ばれ、その数や大きさ、位置が真珠の価値を左右します。
④「サイズ」: 通常は0.5mm単位で表示します。クオリティが同等であれば、サイズが大きいものほど高価になります。
⑤「色」:真珠の色にはダイヤモンドのように統一基準がありません。アコヤ真珠の場合は一般的に黄色・白・グレーの3色に分類されます。上質の真珠は中心と外周部の色に微妙な差があり、全体に虹色がかって立体的に見えるのが特徴です。

 ジュエリーカジタでは、お客様の体型に合わせ、お選び頂いたネックレスの長さ調整、ピアスまたはイヤリングへの加工を無料でさせて頂いております。
 真珠はデリケートなジュエリーですので、変質を避ける為、ご使用後は必ず柔らかい布で拭くなどお手入れが必要となります。また、定期的な糸替えもお勧めしております。定期的な糸替えは、パールのクリーニングにもなり、その美しさを持続する為に効果的です。

 こうしたお手入れに使えるお手入れキットや糸替えなど、当店では永年無料でさせて頂いております。細かいアドバイスやメンテナンスもカジタにお任せ下さい。専門のスタッフが責任を持って対応させて頂きます。