ペアで6万円台からつくれる!セミオーダーリング

 「何十万も金額をかけなくてもいいけど、ふたりの指輪はオリジナリティを出したい」と希望されるカップル様におすすめのブランドがあります。
 そのブランドは「Preuve(プルーヴ)」ペア(2本)で6万円台から作成できるセミオーダーリングです。
 オーダーと聞くと、時間と手間がかかったりしてなんだか大変そう、と思われるかもしれません。しかし、今回ご紹介するセミオーダーにそれほど複雑な工程はありません。好きなデザインを決め、地金や誕生石などを選び、お気に入りの指輪に仕上げていくというのが、「Preuve(プルーヴ)」のセミオーダーのスタイルです。
 では、早速その工程をご説明しましょう。

1 デザインを選ぶ

 まず8種類のペアの中から、お好きなデザインのペアを選ぶことからスタートします。デザインはストレートの真っ直ぐなタイプやウェーブ、V(ブイ)のような形から、ダイヤは一粒のシンプル、小さなダイヤモンドを散りばめたキラキラした華やかなデザインまで様々です。
 店頭には実際にご試着いただけるサンプルリングがあります。お指に着けてイメージを膨らませながら、ゆっくりとおふたりに合うデザインをお選びください。


 ここで、デザイン選びをもっと楽しんでいただくためのヒントとして、指輪には形によって指に着けた時の印象が変わるのをご存じでしょうか。
 指輪の基本的な形はストレート、ウェーブ、V字の3つですが、指輪単体を見るのと、指に通してから見るのとではイメージがぐっと変わるものがあります。

●ストレート

 王道のシンプルなタイプです。指輪と言えばこのデザインと思い浮かべる方も多いと思います。

 指輪が真っ直ぐとなったストレートタイプは、後々他の指輪と重ね着けをしても相性が良く、見た目も落ち着く万能タイプです。シンプルなので飽きにくく、男性様も着けやすいデザインです。カジュアルになり過ぎないので長くご愛用いただけます。


●ウェーブ

 Sを横にしたようなひねりやアームに動きがあるタイプで、人気の高いデザインです。

 ウェーブタイプの指輪は着けた時に指の根本のラインに沿いますので、見た目の馴染みが良く、スッキリと見えるのが特徴です。「指輪を単体で見た時はピンとこなかったけど、着けると意外としっくりくる」と言われるのがこのタイプです。
 ご自身の手のひらを見た時に、薬指から小指にかけて指の根本の下がりが急な人には特に相性の良いデザインです。


●V字(ブイジ)

 リングを正面から見た時にVの形に見えるデザインです。Vより緩やかなU字タイプもあります。

 V字は着けた時に指の縦の長さが強調されるため、指をより長くみせてくれる効果があります。しっかりとしたVの形もあれば、中にはVより緩やかなU字と呼ばれるタイプもあります。
 指がふっくらしているのが気になる、指が短いのがコンプレックスという方には是非一度お試しいただきたいデザインです。

 もしデザイン選びに迷った時は上記を参考にしながら、お指をどのように見せたいかによって形から選んでみてはいかがでしょうか。

実は同じデザインのオーダーも可能!

 サイズ制限はあるものの、メンズのデザインでレディスの指輪を、その逆もオーダーが出来ます。メンズのデザインは、お仕事などの関係上ダイヤモンドが全くないものが良い、ダイヤの輝きが得意ではない女性様に選ばれることが多く、全く同じデザインのペアはある意味、真のお揃いとも言えるでしょう。

2 素材を選ぶ

 デザインが決まれば次は素材選びです。お好みに合わせて5種類の素材からお選びいただけます。


ブラックゴールド…クールで落ち着いた印象を与えてくれます。



シャンパンゴールド…こだわりのある、おしゃれな印象になります。



ホワイトゴールド…指をきれい見せてくれます。明るい印象になります。



イエローゴールド…クラシカルでアンティークのような印象を与えてくれます。



ピンクゴールド…優しい印象。日本人の肌に一番なじむ色味と言われています。



 素材はおふたりとも同じものを選ぶことも出来ますが、それぞれお好きな素材にすることも可能です。男性様にはブラックゴールドとホワイトゴールドが、女性様にはピンクゴールドとイエローゴールドが人気です。

別のペアでも、素材を合わせるとペア感アップ

 さて、ここでひとつ裏技をご紹介致します。実は最初に選べるデザインはメンズ、レディスとも別のペアからそれぞれ選ぶことも出来るのです。例えば男性様はウェーブの形が好きだけど、女性様はストレートが好きとなると、決められたペアから選ぶことは難しくなってしまいます。しかしデザインはお互い好きなものを選んで、素材を合わせていただくだけでも十分にペア感が出せます。
 セミオーダーはおふたりの好みを尊重しながら指輪選びが出来るので、妥協することなく、最終的にお互いが納得のいく指輪が出来上るのです。

3 スタンプを選ぶ

 次にスタンプです。スタンプとはリングの内側に留められたオリジナルのモチーフ刻印のことです。
 お守りとして6種類のモチーフの中からひとつスタンプを刻印致します。そっとリングに忍ばせたスタンプにはそれぞれメッセージが込められており、おふたりの幸福を優しく見守ります。スタンプはおふたりの運命の赤い糸をイメージしたピンクゴールド。とてもロマンティックな仕上がりとなり、より特別感が増します。

四葉のクローバー…喜びをわかち合う
百合の紋章…誠実な愛を誓う
ハート…私の愛はあなたの愛よりも深い
馬蹄…幸せを逃がさない
クロス(十字架)…あなたは私の生きる力
アンカー(いかり)…夢をあなたと一緒に

4 誕生石を選ぶ

 指輪のデザインと素材、スタンプが決まれば次は指輪の裏側に留める誕生石です。
 誕生石は12石の宝石からお好きなものを、それぞれひとつお選びいただけます。ご自身の誕生石はもちろん、お互いの誕生石を交換して入れることも出来ます。また、おふたりの記念月の誕生石や誕生石の持つ意味をもとにして宝石を選んでみても素敵です。

1月ガーネット…友愛 愛する人を永遠に信じる
2月アメジスト…誠実 信頼し合える相手と強くつながる
3月アクアマリン…寛容 やすらぎのある幸福
4月ダイヤモンド…純粋 永遠の愛を守る
5月エメラルド…幸福 愛情を育む
6月ラブラドライト…幸運 神秘な力で身を守る
7月ルビー…情熱 情熱的に生きる
8月ペリドット…平和 明るさと健やかさをもたらす
9月サファイア…熱愛 愛する人や自身を守る
10月ピンクトルマリン…愛情 愛し愛されて生きる
11月ブルートパーズ…希望 一途に愛する人を想う
12月ゾイサイト…高貴 秘めた力を引き出す

5 刻印を決める

 いよいよ最終工程です。最後に指輪の内側に刻印するメッセージを決めていただきます。イニシャルや記念日、言葉など、おふたりにぴったりのメッセージをお考え下さい。

《例》
●2022.12.25 Y to M …入籍日、結婚式の日、プロポーズの日の後にイニシャル
●BELOVED(最愛の人)・HAPPINESS(幸福)・LOVE(愛) …単語
●WITH YOU(あなたと共に)・PURE LOVE(純粋な愛)・MY PRECIOUS(大切な人)…言葉

 入籍日やイニシャルを刻印するカップル様が一般的ですが、刻印は基本どんなメッセージを入れても大丈夫です。指輪の内側に刻印されるため、指輪を着けていれば見えることはありません。オリジナルのメッセージはもちろん、中にはおふたりにしか解読できない数式を刻印されたカップル様もおられます。

6 作成に約1か月

 あとはサイズを測り、内容を確認後、正式に作成がスタートします。指輪の作成には通常1ヶ月ほどかかると考えてください。お盆や正月などの長期休みが入るとプラスで1~2週間かかる場合もありますので、この日に着けたいなどのご希望日がある場合は遅くとも1ヶ月半前にはご注文ください。

 いかがでしたか。Preuve(プルーヴ)のセミオーダーはデザインをいちから起こすなどの必要がなく、気に入ったものを選ぶだけなので、気軽にオーダースタイルに挑戦できます。ひとつひとつ丁寧に作り上げるセミオーダーは思い出に残るだけでなく、おふたりの絆をさらに深いものにしてくれるはずです。
 熱い想いをおふたりでリングに託しましょう。